メイン

555保険について知ろう! アーカイブ

2012年01月10日

人生で1番の大ケガ事件

安い医療保険といえばどれがいいんでしょうかね。

小さい時はよく熱を出して病院に運ばれることも
ありましたが大きくなってからは入院や骨折なども
したことがなかったのであまり関係ないと思っていましたが…


人生で1番大きな怪我をしたことを思い出しました(笑)

それは高校生の時に夜道を友達と帰っていました。
車道に横に自転車専用の坂道があったので
そこを毎日登って帰っていたのですが
夜道ということもあって道が見えにくく

自転車専用の道から車道に出る瞬間に
小さな坂があるのを忘れていて
ちょうどそこ坂の角の部分を渡ってしまい
自転車が横にこけてガードレールにはさまり
その瞬間にペダルで足の関節の部分を削ってしまいました…

今思い出しても身震いするほどの
怪我をしてしまい針で7針縫いました。

でもガードレールがなかったら坂道から
落ちていて下には大きな石がたくさんあったので
もっと大けがをしていたんでしょうね…(@_@;)

皆さんも怪我には気をつけて下さい!

スポーツには怪我が付き物

私の兄は幼稚園から高校3年生までずっと
サッカーをやっていました。

こんなにも長い時間サッカー一筋の兄は尊敬するし
サッカーをしている兄は普段は見違えるほどかっこいいので
妹の私も自慢の兄なのですが…

またー?!!というほどしょっちゅう怪我をします(笑)

スポーツに怪我は付き物といいますが付きつぎです(ーー゛)

骨折・捻挫はしょっちゅうですが靭帯を怪我したり
血や水が溜まったり1番ひどい怪我の時は半年くらい
サッカーが出来なくて大変な時期でした。


がむしゃらでサッカーをするので
もう少し頭を使ったある意味、頭脳プレーで
サッカーをしてもらいたいもんです(*´ο`*)=3(笑)

薬が手放せない!

私の怪我は先程紹介した7針事件くらいなんですが
病気になりやすいというか風邪をひきやすいんです、私(*´ο`*)=3

季節の変わり目は必ず風邪を引くし小さい時からすぐ熱が出ます。
平熱は低い方なので37度越えたらフラフラです(笑)

あと片頭痛もちなので常に頭が痛い状態が続きます。
この間買った頭痛薬もいつの間にかなくなり
ほとんど私が飲んでしまっているので後で考えると
なんだか怖いですよね(@_@;)


疲れたりするとすぐに頭が痛くなるので
薬がなかなか手放せない感じです。


あとはもうすぐやってくる花粉症…
もう考えるだけで目がかゆいです(@_@;)

今年も頑張って耐えなくちゃ!!

インフルエンザは大丈夫?

皆さん、インフルエンザってかかったことありますか?

私はまだ一度もインフルエンザにかかったことがありません。

でも、予備軍?インフルエンザにかかる前の状態には
1度なったことがあるんですが何よりも骨が痛くて
背中や腰がすごく痛かったので普通の風邪ではないことが
すぐわかったんですがインフルエンザは辛いですよね(@_@;)

インフルエンザにかかる人はかかりやすいみたいで
私の友達は去年も今年もインフルエンザになってました。

インフルエンザが流行ってるので
注射したかなくていけませんね!!

やっぱり家族が1人なってしまうと次に絶対
違う家族にうつってしまいます。

昔に母親がノロウィルスになって看病していたら
私がノロウィルスになってしまい、その隣にいた
兄が風邪と腹痛で2人して点滴しました。

その3人を父が看病していたら最終的に
父も風邪をひいてしまいました(笑)

仲良しな家族ですね(*´ο`*)=3

医療事務の仕事

私の友達の多くは医療事務で働いています。

医療事務の資格を取る勉強をしていたんですが
めちゃくちゃ難しくてややこしすぎ!!(@_@;)

薬の名前なのか何なのかわからない横文字が多くて
友達も必死に毎日資料の書き方などを覚えていました。

今は病院の調剤薬局で働いていますが
薬にめちゃくちゃ詳しくて風邪にいい薬や
肌荒れやアレルギーのいい薬も紹介してくれて
すごいなと感心しながら聞いています。

その他も病院の受付をしたりと
医療事務で頑張っている友達も多いです。

資格は多く持っていた方がいいと言うし医療事務の資格は
とてもタメになりそうなので資格を取りたいなと考えています!

でも勉強が苦痛で挫折しないかが心配…(笑)
ユウキャンに任せようかな(*^。^*)

接骨院が大好きなんです

昔から注射が大嫌いで病院自体が苦手でした。

病院の匂いと静かな雰囲気が緊張が増して
自分の名前が呼ばれて中で待つ時から
緊張で手や足やいろいろな部分が汗びっしょり!!(笑)

それは今も変わらず病院が苦手です。

でもひとつ好きな病院がります。

それは接骨院が大好きです(*´ο`*)=3

外反母趾を治しに行ったんですが
マッサージや機械での治療などが
気持ちよくて眠ってしまうほど気持ちよかったです!

接骨院だけは行く時だけルンルンで行きます(笑)

次は骨盤の位置を治しにいこうか考えています!

2012年10月16日

結婚は保険料見直しの良い機会

"先週の日曜日に、自宅近くのイオンモールにある「保険見直し本舗」に行って、保険の見直しを行うこととしました。結婚を機に、私と妻との保険をまとめたかったからです。

独身時代はそれぞれ別々の保険会社の医療保険に加入していましたが、ひとつの世帯となった現在は、ひとつにまとめた方が家計的にも良いと思ったからです。

けれど、自分たちで資料を見てもどうしたらよいのか良くわからず、専門家に聞きたくなりました。相談が無料というのでこれまでの保険の資料を持っていき、見てもらうことにしました。担当の方は、医療保険を選ぶポイントを説明してくれて、まずはどんな備えをしていきたいのかという希望を確認してくれました。

あらためて自分の必要としている保険がわかったような気がしました。そして、その条件や予算に合った保険を、たくさんある商品の中からピックアップしてもらい、その中から妻と相談してNKSJひまわり生命の医療保険を選択しました。

まだ結婚したばかりですので、あまり高額な保険は支払いが不安なため、手軽な保険料でもしもの時には希望の保障がある内容を選びました。時間はかかりましたが良く考えた結果、満足した商品に巡り会えたと思っています。"

保険の見直しは・・・

"先日、生命保険の見直しをしました。

独身時代から、結構大手の保険会社で、生命保険に入っていたのですが、結婚して子供も生まれたのを機に見直しをお願いしました。

今まで見直ししてなかったこともあり、保険内容が古いものになっていました。入院保障も何日目以降からしか出ないとか、医療保障の内容もすっかり変わっていました。
それに、死亡保険部分はほとんどない中途半端な状態の保険だったので、見直しじゃなく、下取りしてもらって、新規で入ることにしました。

新規の保険は、死亡保障が1000万で、終身部分が200万の保険で、医療特約も1日1万円まで引き上げました。

さらにガンなどの三大成人病になったら一時金が出る特約も付け、かなり内容の良い満足できる保険になりました。しかも下取りしてもらったおかげで月々の掛け金も数千円で済みました。

子供が生まれて、責任も大きくなって、まずは保険から責任部分を果たしたって気持ちになりました。

やっぱり、保険の見直しって、人生のマイルストーンでは必要なものなんですね。
"

2012年11月02日

保険と上手に付き合おう

"生命保険の勧誘レディの強引さがどうも好きになれなくて、保険についてはあまり考えたくないなぁと思っていました。死亡時の保険金がどうこう言われても、なんだか不吉な感じがします。そりゃ守るべき家族がいたら残された者が行きていくのにお金は要るし、それが働き盛りの一家の大黒柱だったらなおさらなのはよく分かります。でも勧誘レディって業績を上げないといけませんから一般的よりちょっと高めの生活レベルを目安に商品を勧めてきますよね。それぞれ家庭のお財布事情に合うよう加入や特約を付けるときは気をつけないと、やたら高い保険料に苦しむ事になってしまいます。
自動車保険は車に乗る条件でだいぶ安くなったりするようですが、生命・医療の保険は人の身体だけに不確定な要素がいっぱいありますよね。加入する時期によっても大きく異なるので本当に必要かつ十分な保障なのかよく見極める必要があります。"

生命保険の乗り換え検討

"最近ネット上で生命保険の比較サイトやら
乗り換えを検討する方向けのサイトなどが目を惹くのですが
私も同じ条件で同じ金額でいけるのならば乗り換えようかなと考える事がしばしばあります。

今、私は某大手生命保険会社の終身移行型の保険に加入しているのですが。
ここの保険に入っててつくづく思ったのが
保険内容よりも何よりもセールスレディの質が大事だと言う事でした。
最初に私にこの保険を進めてくださったセールスレディの方はとても親切丁寧な方で
保険の内容説明もわかりやすかったですし
何よりも用事が無くても月に一度は私の職場に顔を出してくれましたし、
私の誕生日には毎年プレゼントをくださったり
年末にはカレンダーを持ってきてくれたのですが

この方が退職して別の方に担当が移ったとたん
対応が一気に悪くなりました。
まあ、誕生日プレゼントなんてのはいただいてもむしろこちらが恐縮してしまうので貰えなくてもよかったのですが
年に一度も顔を見せないし、年末にカレンダーすら持ってこない。
たまに電話が来ると思えば保険更新時の集金の電話のみ・・・・・・
あまりにも機械的な事務、と言うか機械作業以下になってしまったので
何度か対応が悪すぎますよと言ったのですが。
改善したのは年末にカレンダーをくれる事くらい。
それまで1年単位で更新していた傷害保険にも入ってたのですが
こちらの期限が切れるときに、財政的な理由もあり更新しないで保険を切る事を伝えたのですが
こういう事に関してはしつこいくらい電話をかけてきて
更新しろ更新しろと矢の催促で本当にうんざりしました。

この保険会社の保険内容には大変満足しているのですが
このセールスレディの対応だけが気に入らず乗り換えを考えています。

保険の売り上げって内容うんぬんや知名度などよりも営業さんの努力に大きく左右されるのではと思った次第です。
"

2012年11月25日

80歳で主人の保険が満期になってしまう事。

"今一番心配しているのが、主人の保険です。
主人の保険は住友生命のライブワンという保険です。
丁度保険に新たに入ろうかと思っていた頃、いわゆる仕事場に来る保険のおばちゃんの勧誘もあり付き合いもあるのでこの保険に入った感じです。

入院日額5000円、通院3000円、死亡保障2500万円。
先進医療特約500万円。手術は手術により決まった所定の金額が出ます。

入院日額の金額が低いのは、別の保険に入っているのでそれを合わせると日額10000円になります。

私が心配していることは、この保険が80歳で終わりの保険だという事です。
縁起でもないですが、80歳までに何かあれば保険がでますが、80歳の誕生日過ぎると入院しても手術しても1円も保険からは出ないという事です。

これはものすごく不安・・・
病状が悪ければ個室に入らなければならないことも出てくるでしょうし、そうすれば部屋代だけでも一日1万円以上の出費になります。

今のうちに80歳以降の事も考えて、また終身保険で何か入らなければならないと思っています。


"

雇用保険や健康保険組合へ加入しました。

"会社に入社すると同時に、厚生年金、雇用保険、健康保険組合に入りました。会社員は全員加入するようになっていたから、選ぶまでもなく自動的に加入していました。

失敗かどうかは、その肩書きにもよると思います。○○健康保険組合というふうに、グループ会社の健康保険を使わざるを得ないし、あまり好ましいとは思えないから使いづらいところです。なんとなく贅沢というか、あつかましい感じがしてなりませんでした。傍から見たらそう思うことでしょう。

失敗しないためには、自分が納得できるような会社に入社することだと思います。以前はどこでもなんでも規模がある会社の求人情報に適当に応募していたから、社名のブサイクさとか、影響をまるで考えずに選んでしまっていました。そういうのをとくに注意して、もういったん履歴としては残ってしまいますが、ブサイクな社名・グループの健康保険には加入するべきではありません。ブサイクなレッテルのもとで健康保険証もブサイクになってしまうのは避けましょう。
"

2012年12月13日

なぜ積立式保険に入るのか

昨今では世界経済動向の不透明さから、会社の倒産や、解雇等が多くなってきており、一部上場会社の財務状況も安心できるレベルではない。そう、将来のことは誰にもわからないのだ。
 このように、将来の不確実性や不安があるから、現在の様々な保険に入る人が多くなっている。例えば、生命保険のの場合で結婚をして、子供が生まれたケースを想定しよう。子供が成人するまでに必要な金額は2000万とも3000万とも言われているが、基本的な稼ぎ頭である父親が死亡したら、経済的に困ってしまう場合が多いと思料される。
 従って、その経済的リスクを回避するために、死亡時に子供の養育に必要な金額を受け取れる生命保険に入るのである。
 生命保険には大別して積立式保険と掛け捨て式保険があり、その性質は異なる。
 掛け捨ての場合、月々の保険料が安いが、満期を迎えると受け取る事ができなくなってしまうか、支払った保険料より相当程度少ない金額しか受け取れない。すなわち低額の保険(安心)を買うという形になる。
 一方積立の場合には満期を迎えると一定の利率を乗じた積立金が受け取れる。これは預金に近い形である。しかし月々の支払料は大きくなる。
 以上により、現在の経済情勢が悪いため、商品を買うよりも元本が減らない積立保険の方が経済的であるという考えから、積立式保険に加入するのであり、価値観や経済情勢等によって移り変わると言える。

結婚と同時に個人年金を積み立てる

日本の経済が低迷し、政府の無策により国民の老後の保障などまったくあてにできない現在において、国を信用できないという理由から自分で年金を積み立てていくしかないと考えています。私は自営業をしていますので、国民年金なのですが、将来にもらえる額など本当に少ないと予想しています。おそらく私がもらえる頃は、給付は70歳になっているだろうと想像します。そこで私たち夫婦は、二人で毎月40000円ずつ積み立てていて、私が65歳になったときに給付がはじまりそれが10年続く契約をしています。妻は10歳年下なので、私の給付が終了すると同時に妻の給付が開始されるので、合計20年給付されます。積み立てるメリットとしては、積み立ての中から、借り入れができるという点です。自営業ですとなかなかローンが組めないので、この制度は大変助かりますし、実際に使っています。デメリットは今の生活が苦しいということです。貯金だと思って頑張ってやっていますが、給料も上がらない中、毎月40000円をねん出するのがとても苦労しています。

老後の為の個人年金保険

幼児二人の四人家族です。
私は専業主婦をしていて、主人は建設業に就いています。
主人は一応会社勤めではありますが、保険などは自分で払っていますし、ボーナスや退職金などはもちろんありません。

はっきり言って、将来の生活が不安なのです。
そうは言っても小さな子供がいて、保育園に申請しても通らず、結局長男は今年から幼稚園に通い始めましたので、私もまた働く機会を逃してしまいました。

しかし、こんな状況でもすこしづつでも将来の為の貯蓄をしなけでばいけない、と積立貯金をすることにしたのです。

しかし、簡単に下す事のできる金融機関での貯金ですと、何かお金が必要になった時に、ついおろして使ってしまうのではと思い、保険会社の個人年金型保険に加入することにしたのです。

しかも、戻り率が支払い額を上回ります。
私の契約内容ですと200万円多く返ってきますので、銀行に貯金しているよりかお得なのではないかと思ったのです。

実際に契約をしてから一年半経ちます。
将来に向けて少しづつ貯金が出来ている安心感もありますが、家族の為に使う貯金が出来なくて、それはそれで困っています。
いわゆる保険貧乏とても言うのでしょうか。

しかし、苦しい中でも一応生活は出来ているので、この個人年金保険は絶対に自分たちの為になるものですから、頑張って続けていこうと思っています。

2012年12月23日

不確かな未来

"年金制度への最大の不満はといえば、とにかく『ちゃんと貰えるのか』です。
ただでさえ少ない賃金から一生懸命納めているのに、政治家の一声でその支給額は減る、支給開始時期は遅らされるんじゃあ不安を抱えるなという方が無理じゃないでしょうか?
そのくせ議員年金なんて特別待遇は未だに残り、この状態なら政治家になったもん勝ち、て感じですよね。

自分が支払ってきた年金が上の世代を支える、という仕組みは、この少子高齢化の時代に合わないと、なぜその事に気付いていながら改善しようとしないのか、政治家の頭の中が不思議でなりません。

この際、銀行のように自分の支払った分の年金には多少の利子がついて、それは60歳からのみ払い戻しができる、という制度に変えて欲しいです。
真面目に払っている人が馬鹿を見ない、きちんとした法整備を望みます。"

将来もらえる年金に対する不満

"年金に関しては不満と不安だらけです。私は現在30代後半で無職ですが、毎月1万5千円近くの国民年金を納めています。無収入で年金を払わなければならないのは大きな痛手です。
しかし、国民は年金を払う事が義務だと言われているので、今まで一度も滞納することなく払い続けてきました。それに、将来私たちが年金を受けとる側になった時、安心して生活が出来るくらいの金額をもらえるのかどうか不安でもあります。
年をとれば必然的に仕事は出来なくなります。そうなると年金に頼るしかありません。満足のいく年金がもらえないのであれば、今から貯金をする方が賢い考えだと思いました。
将来、自分がどのような生活をしているのか、全く想像もつかないのです。"

どのくらいもらえるのだろうか

"20歳になってからずっと年金を払ってきました。
実際自分の周りの子たちは、ちゃんと払ってる子が結構少なく「払っていても将来もらえうかわからないし」と言っていました。
でも、払わなければ0ですが払っていれば少しでももらえると思い、今まで生活が厳しいながらも納めていました。

でも、最近はもらえないのではないか。もらっても本当に少ない金額なのではないかと思い、払うのが馬鹿らしいのかな?とも思うようになっています。

年金問題がとりあげられていますが、本当に将来が不安です。

一番確実なのは、将来のために年金に頼るのではなく、自分で今からコツコツ貯金をしておくのが安心ですよね。

この先年金問題が良い方になればよいですが、あまり期待できないのが現実です。"

About 555保険について知ろう!

ブログ「安い医療保険は?医療保険の必要性について語る」のカテゴリ「555保険について知ろう!」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリは400ライフプランをしっかりとです。

次のカテゴリは700保険の体験談です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type