「万が一」に備えて

医療保険を選ぶなら、まずは自身のライフプランをしっかりと知っておくことが大事です。

この点を疎かにして保険選びをする人も多く、後々「こんなはずじゃなかった」と言う事態になってしまうと言うことも少なくないのです。

例えば、医療保険の中には「個人年金」と言うものもあります。これは、簡単に言えば「国の年金システムを保険会社に置き換えたもの」で、毎月決まった額を決まった期間保険会社に支払うことで、将来「年金」として払い戻しを受けることができると言うものです。老後の貯えを確実に確保するために、こうした個人年金に加入して将来に備えておくと言う人も非常に増えています。

また、「自分は結婚しない」と言う人でも、何かあった時周囲に迷惑をかけない様に「終身保険」などに加入しておくと言う人もいます。例えば介護が必要になってしまった場合、周囲には金銭的にも肉体的にも負担がかかります。でもそこでお金があれば、デイサービスや施設などを利用してある程度かかるお金の負担を減らすことができるでしょう。こいった「万が一」のことをきちんと考えて、保険は選ばなければなりません。「よく解らないから、保険は何でも良いや」と言う考え方では必ず失敗します。

どんな保険に加入していいか解らない場合は、ファイナンシャルプランナーなどに相談し、一緒に「どんな保険がいいか」を考えてもらうと良いでしょう。保険のことをよく知らないまま、勧められるがままに加入するのが一番危険です。

cms agent template0035/0036 ver1.005