医療保険と終身保険

ここで、医療保険の中の「終身保険」についてお話をしてみたいと思います。
数ある保険の中でも、良く選ばれているのが「終身保険」です。終身保険は、「保険金を受け取る日まで続く保険」のことです。家庭を支える父親が、不慮の事態に備えて加入することが多い保険ですね。

終身保険には二通りの支払い方法があり、ひとつは短い期間の間に保険料の支払いを終えてしまう「短期払い」です。もうひとつが、亡くなるまで保険料を支払い続ける「終身払い」です。
多くの人は、会社を定年になる年に支払いが終わる様に保険を組みます。しかし死ぬまで保険料を払うことになる「終身払い」には「保険料が安い」と言うメリットがありますので、どちらを選ぶかは生活設計などを考えて慎重に決める必要があるのでしょう。

また、終身保険は解約をすると「解約返戻金」と言うものを受け取ることもできます。
もちろん払った分のお金が戻ってくる訳ではありませんが、解約しても少しは手元に戻ってくると考えると嬉しいですよね。

終身保険は決して安いものではありませんが(保険金をいくらに設定するかでも保険料が変わってきます)、家庭をもつ父親などは加入しておいた方が安心だと思います。
万が一、加入している人に何かあれば受取人に保険金がおりますので、それで生活や学費を賄うことができるからです。医療保険への加入を考える時は、一度終身保険のことも考えてみて下さい。
終身保険はたくさんの保険会社で扱われていますので、加入の際はできるだけたくさんの保険を比べてみることをお勧めします。

cms agent template0035/0036 ver1.005