This page:安い医療保険は?医療保険の必要性について語る TOP > なぜ積立式保険に入るのか

なぜ積立式保険に入るのか

昨今では世界経済動向の不透明さから、会社の倒産や、解雇等が多くなってきており、一部上場会社の財務状況も安心できるレベルではない。そう、将来のことは誰にもわからないのだ。
 このように、将来の不確実性や不安があるから、現在の様々な保険に入る人が多くなっている。例えば、生命保険のの場合で結婚をして、子供が生まれたケースを想定しよう。子供が成人するまでに必要な金額は2000万とも3000万とも言われているが、基本的な稼ぎ頭である父親が死亡したら、経済的に困ってしまう場合が多いと思料される。
 従って、その経済的リスクを回避するために、死亡時に子供の養育に必要な金額を受け取れる生命保険に入るのである。
 生命保険には大別して積立式保険と掛け捨て式保険があり、その性質は異なる。
 掛け捨ての場合、月々の保険料が安いが、満期を迎えると受け取る事ができなくなってしまうか、支払った保険料より相当程度少ない金額しか受け取れない。すなわち低額の保険(安心)を買うという形になる。
 一方積立の場合には満期を迎えると一定の利率を乗じた積立金が受け取れる。これは預金に近い形である。しかし月々の支払料は大きくなる。
 以上により、現在の経済情勢が悪いため、商品を買うよりも元本が減らない積立保険の方が経済的であるという考えから、積立式保険に加入するのであり、価値観や経済情勢等によって移り変わると言える。

cms agent template0035/0036 ver1.005